FC2ブログ
基礎工事
2007/12/26(Wed)
基礎工事がはじまりました
やりかた、根切砕石は見学することはできませんでした
(のちに写真などで報告してもらえるようです)

現場の状況は、基礎の下の部分、耐圧板の鉄筋が組まれていました。
防湿シートが敷かれているのが見えます。
これで地面からの湿気から家を守るんですね

基礎工事 配筋 耐圧板


鉄筋も小さなピッチで組まれていました。
ここにコンクリートが打設されれば強固な基礎になるでしょう
安心安心。
スポンサーサイト



この記事のURL | 工事状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミーティング10 木製サッシ
2007/12/15(Sat)
やはり予算とは難しいものです

今回はリビングの掃き出し窓について最終決定をしなければならない時期でした。
その返答はなかなか決まらなくて…

リビングの掃き出し窓と吹き抜けのサッシに迷ってしまって、設計室から最終決断の猶予をもらったので、先週の平日につまが一人で、まだ見ていなかった木製サッシを見るために、まど家に見学に行きました。

実物を見て、最後に検討、決断しようということになったのです。見学に行って感想はモノ的には雰囲気も良いし、入れたいが…。ということでした。

しかし木製サッシとアルミ樹脂サッシとの費用の差額を現実的にみると、やはり金額的にきびしいと思われました。自分達がそこまですることを求めているのか。
予算は決まっていますが、トータル数千万円の家づくりのうちの数十万円の違いです。
非常に難しいところです。

他のための預貯金などを無理に切り崩すことは、出せるということなのでしょうか?

リビング掃き出し窓サッシの最終決断的は、
やはり「木製サッシは入れない」という結論になりました。
夫婦で決めたのだから、それで良いのでしょう。


他に、水場である、キッチン・洗面所・トイレの床をフローリングから
水に強くて、冷たくないタイル貼りにしsたいということで
サーモタイルというタイルがあることを教えてもらった。
導入に至るかは分かりませんが、家事をする妻の希望なので
価格面や機能をみて、要検討です。


そして、いよいよ工事がはじまります。
この記事のURL | ミーティング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地盤改良工事
2007/12/08(Sat)
地鎮祭後、いよいよ着工です
地盤改良工事を見学に現場へ行きました。

現場はすでに作業していて、どんどんコンクリートが打たれていました。

20071208地盤改良

うちは柱状改良工法で改良することになりました。
棒状のコンクリートが地中で固まって、
地盤を安定させたり、家を支えたりするそうです。

手前のオレンジ色のプールのようなものには水が入っていました。
奥のベージュの袋は、コンクリートの原料粉が入っていました。
すごい量のコンクリートでした。
30数坪に数十本もあったら安心です。

いよいよはじまった感でいっぱいでした
この記事のURL | 工事状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ついに地鎮祭
2007/12/01(Sat)
ついに地鎮祭

これが終ればいよいよ着工です。
地鎮祭について、事前に調べましたが、儀式的で、なにをどうするのかちょっと不安でした。しかしあるサイトに、「なんとなく気楽に望めば良い」と書いてあったのでそうしました(笑)

当日は、田舎の母が是非参加したいと早朝の高速バスで来てくれました。ありがたい
ことです。息子が家を建てるとあってか、かなりはりきって来てくれました!おひさしぶりです母上。その日は、冬始めでありながら、快晴でポカポカ陽気で天候に恵まれました。
よかったよかった。

さて時間前に現地に行くと、すでに佐野さんや担当Oさんや、参加業者さんもちらほら来ていて、現地確認をしているようでした。

そして、ひさしぶりに我が土地を見ると、アレ? 地縄張りがしてあるじゃありませんか!?ここがリビングで、あっちがキッチンでと、歩いてみると、「アレー、結構狭いなー…。」と思いました。
これは色々な方の建築日記を見てもそう感じるということが書いてあったので、そういうものなんだなー。と納得してみました。
これから基礎ができて、上棟したらまた違って見えるかもしれませんね。


今回は、基礎業者、木材店、木工事業者、空調給排水業者、工事割合の大きい4社が参加してくれて、顔合わせとなりました。
うちの工事は分離発注で施工していくうえで、施主である私たちと業者さんの「お互いの顔が見える工事」にしようということなので、ビシッといこうと思いました。

業者の皆さんは和やかな雰囲気でした。
(え!おいらドキドキしてたのに)
いつものメンバー。な感じで皆さん顔見知りのようでした。
軽くそれぞれの業者さんにあいさつをして、神主さんも登場。(神主さんも顔見知り風)

いよいよ地鎮祭です。
「地鎮祭」は工事に先立って、その土地の神を祝って敷地を清めて、工事中の安全とか建物がなにごともなく永くそこに建っているように願うお祭りなんだそうです。
(買ったのは私たちでも、でも、持ち主はその土地の神様なんだそうです)


神主さん、業者の皆さんでテキパキ祭壇を作って、笹竹も四方に立てて、あっという間にそれらしくなりました。
前もって、必要なものは用意したのでそれを祭壇に祭ってもらいました。
(お米、お酒、海の幸、山の幸、水などなど。)
地鎮祭 祭壇

必要なものは、前もって業者さんが教えてくれるでしょう。

参考サイト 地鎮祭をしよう http://jichinsai.net/


神主さんがお祓いや祝詞?を唱えたり、お清めのために四方を回ったりしました。
自分たちも参加する場面がありました。
●玉串を奉納する。
●土地にクワを入れる。


クワ入れでちょっとまちがいました。
盛砂にクワを入れて、「3回「エイッエイッエイッ」とクワ入れして下さい。」という説明を受けたので、心の中で「エイッエイッ」と…、見ている人たちは、サクッ…、サクッ。
オイオイッ!とつっこみが入りました。
気合いの入った声を出して「エイッエイッエイッ」と3回です。
やり直しで、気合いを入れて3回「どエイッうエイッぉエイッ」しました。
クワ入れは声に出していきましょー!
(計5回クワ入れでした。)これも思い出です(笑)

顔の見える工事ということで全員で記念撮影
地鎮祭 参加者記念撮影


その後、ファミリーと業者の方たちとお食事会を持ちました。
いよいよここで!
「こんにちは!施主デゴザイマス!えー本日は晴天に恵まれまして…うんぬんかんぬん…」
あいさつだな。
と思ったら、またしても出番はなくなごやかな昼食会でした。

晴天に恵まれ、業者さん皆さんにも会えて、オカンも来てくれて、申し分ない地鎮祭でした。


※地鎮祭は地域や宗派で内容や順番が違うと思いますので本文の内容は参考までに

この記事のURL | 工事状況 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |