FC2ブログ
オープンハウス J邸
2007/07/28(Sat)
オープンハウスに行ってきました。
お願いする佐野設計事務所で設計施工管理したお宅で、すでに住んで数年経ったナマの家を見学させてもらいました。

そこは茨城県の龍ケ崎市にあり、どんどん?発展しているところでした。
この辺りは昔よく来ていた辺りで、しばらく来ない間に開発が進んでいて、どこだココは?という感じでした。

今回お邪魔したのはJさん邸。
インターネット上には、施工当時のことが載っているので、チェックしていましたが、うちの希望にだいぶ近いものがあるので、とても楽しみにしていました。

J邸

残念ながら当日は写真を撮り忘れて、上記写真は佐野設計さんより拝借

着いてみると外観ですぐにこのお宅だなと分かりました。
ガルバリウムの外壁は明るいグレー(シルバー?)でした。

わたし個人の希望だと、濃紺や黒が渋くてカッコイイと思っているのですが、妻は「明るくてもイイんじゃないの?」ぐらいに言っています。
(たしかに濃いと断熱性能も関係してきそうですよね。)

わたしもこのJさん邸を見て、こんな明るいのもありなのかな。
なんて思いました。
そんな風に変わってしまうなんて、この外観の色なんて重要な要件ではないのでしょうか?家の本質とは違うところのものですよね。

でも渋くてカッコイイのもいいです。
だってカッコイイ家に住みたいから、がんばるんですもん。
むーん。まだまだ家づくり入口なのに悩む(笑


家の中にお邪魔すると木でいっぱい
もちろん木の家でした

人が暮らして数年経った木の家を見れたのは良い体験です

キッチン、リビング、ピアノ室、子供部屋、主寝室など
見せてもらえました。

床は杉板のようでした。
傷がたくさんついていたけど味が出ていました。
杉のフローリングもイイかな。

また、おおきな梁がかっこいいくて、うちにも欲しいよ!
どこかの材木店にでも眠ってないですか~

1時間ぐらいの予定が2時間ぐらいお邪魔したかもしれません
Jさんありがとうございました

ヨシ
がんばろーと思えました






スポンサーサイト



この記事のURL | オープンハウス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミーティング
2007/07/22(Sun)
土地購入後の初ミーティング
これから建物についてドンドン進めていこう。

の予定だったが都合でキャンセル。
結構というか、そりゃもう楽しみにしてたんだけどなぁ。
次回は来週だから、そりゃさらに期待してまっせ。
こちらとしてはすることはないのかなぁ~?

あ!
そーだ来週は、オープンハウスというのかな?
お願いする設計事務所で設計、施工管理をしたお宅へお邪魔します。
私たちもホームページ上で見て、「イイね」と言っていたお宅です。

赤の他人に家の中も外も見られてしまうなんて。
なんて心が広いファミリーだろ~。

そりゃもう楽しみですね。
この記事のURL | ミーティング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土地の権利書が届いた
2007/07/18(Wed)
土地の権利書と登記簿が司法書士事務所から配達証明郵便で届きました。

これで、これで、これであの土地は自分たちのものになったんだー!
(名義が!(笑))
来月からローン返済がはじまります。
がんばらなくっちゃいけませんね。

さて、権利書といえば、少し検索してみると、今では権利書という呼び方ではないようです。
昔は博打のカタに権利書をとられたら、そのまま土地もとられてしまうのでは!というようなモノでしたが、現在では、登記識別情報という情報として管理されているようです。

なんだか良いんだか悪いんだかなシステムです。
書類としてのモノではなく、 IDやパスワードのような数字の羅列の情報です。
そして基本的に所有者本人もその番号を知りません。(「登記識別情報」で調べてみて下さい)
っということは結局その登記識別情報が書いてある書類(モノ)が大事なんでは!?
と思いました。それが権利書なのでは。。。

いやしかし、名義が変わると少し実感が出ましたよ。


読んで役に立っても立たなくても(笑)どれかポチっとおねがいします。
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へにほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
この記事のURL | 契約 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
決済実行
2007/07/03(Tue)
ついに来た。
土地のローン金消契約&決済。
(金消契約は正式には金銭消費貸借契約というらしい。)


事前に金消契約時に持っていくものを、銀行より指示してもらいました。
・銀行の通帳
・銀行印
・実印
・住民票
準備は万全。

---------------------------------


私たちはローンを地方銀行にしました。
力のある地方銀行は良いかもしれません。
都市銀行や金利や手数料が安い新生銀行もまわりましたが、あまりピンと来ませんでした。
担当者次第っていうのもあるかもしれませんが…。




銀行へ行く途中に私たちの買う土地があるので、決済前にもう一度見ておこうと、土地に寄ってみた。広すぎず、狭すぎず、自分たちに合っていると思いました。

時期的にか、前回見た時は造成したばかりできれいなものだったのに、今回は雑草がもさもさ茂っていた。
これは。。。
どうするのだろう?
着工まではまだまだだから放置かな。


----------------------------


AM10:00に融資してもらうJ銀行のK支店へ。
ローンの相談は(支店ではなく)ローンプラザでしたため、今回K支店での契約&決済は、はじめて合う担当者でした。
都市銀行のような堅い感じではなく、素朴な感じの担当Tさん。
宜しくお願いします。


まずは、ローンの契約書。
金額、金利、年数などしっかり確認して署名、実印で捺印。とてもシンプルな用紙に住所、署名、実印で捺印。作業もとてもシンプルでした。これでローンをしたのか?ってぐらい簡単(というか)なものでした。

私たちは35年の完全固定で申込みました。
これから金利は上がるかもしれないという不安、完全固定なら先々の計画が立てやすいというのが理由でした。
デメリットとしては、将来、金利が低くなってきた場合にもそのまま高いままだということですが、私たちにはメリットの方が大きいために完全固定を選びました。またどのプランが良いかは額面だけでなく総合的に見ないといけないので、人によって、銀行、プランの選択は色々ですね。


その他にも委任状やいろいろな書類に署名捺印。何枚も何枚も書きました。
面倒なのは住所。こんなに何回も自分のうちの住所を連続で書くことはもうないだろう。というぐらい。

また団体信用生命の確認(私達は今回、土地のみのローンなので火災保険や地震保険はありませんでした)


契約的な書類は一時間弱かかるということでしたが、実際は30分程度で完了しました。


---



次は、決済実行。
予定時間になると、私たちが買う土地の売主のS建設の担当Gさんが来ました。
銀行のTさん、Gさん名刺交換。営業マン的ー!でした。
その後、司法書士さんがきました。
またまた名刺交換。
そしてこの時この土地には抵当権が付いていたのでその銀行のT銀行さんもきました。
当然名刺交換。営業マンの腰の低さすげー。でした。


今度は司法書士さんが主導して、登記簿の確認、抵当権抹消など確認していきました。
そして確認作業が終わり、司法書士さんが「じゃぁ実行して下さい。」と言うと
決済されました。

通帳に自己資金分、保証料等の諸経費、司法書士さんの手数料(登記関係含む)など必要な額はすべて入金しておいたので、その口座でドーンと決済実行 !


すごい額(ローン額)が私の通帳に入金され、あっという間に、S建設さんの口座へ!
自己資金と一緒に土地の価格が振り込まれました。
また保証料は銀行へ、司法書士さんへは出金して現金渡しでした。
私はなにをしたかというと、入出金伝票をいくつか書きました(笑

---


今回は、土地のローンでしたが、売主と取引できたために、仲介手数料は無し、固定資産税の日割りもサービスしてもらいました。おまけに法務局関係の書類もすべて手数料や発行料も売主に持ってもらえました。

また、ローン金利も通常の金利(一般のキャンペーン?金利)よりも低くしてもらえました。理由は分かりませんが、銀行も商売ですから借りてもらいたいというのと、審査でうちの状態が良い方に評価されたのだと思います。

マイホームがいよいよ進展したのは、とてもうれしいですが、今イチ、土地のみっていうのは実感が薄いですね。
また、よく考えたらこれで多額の借金を背負ったということでもあるのです。
少しコワー。

一生に何回もないであろう体験。
事前にいろいろ調べておいたのでそれはどテンパらず、やりとげました!



後は、司法書士さんから、私たち名義になった、権利書・登記簿が、郵送(配達証明)で届くだけです。
権利的には、あの決済実行の瞬間から、あの土地は私たちのものになりました。




おいらたち土地持ちです。



この記事のURL | 銀行 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |