FC2ブログ
木の家だけに材木店
2007/11/24(Sat)
わたしたちの家は通常の建材をあまり使わない、自然素材をなるべく使った家になる予定です。
その中で大きな割合を占めるのはやっぱりです
ということでお世話になる龍ケ崎市のS材木店へ行きました


 佐野建築設計室のOさんとお昼に待ち合わせて材木店へ行くことになり、佐野設計室が手掛けた、竜ヶ崎の弥七さんというお店で待ち合わせ。ここもなにかヒントがあるかもしれない。
竜ヶ崎は以前にJ邸見学にも行きました。また若い頃(笑)はカムイということろによく来ていたので迷うことなくお店に着けました。
 店外、入口のウッドデッキは広くて、遊べてしまうくらいでした。
店内も木を使って、また大胆な作りで良い雰囲気でした。
また色々な所に間接照明が設置されていて、夕暮れ時なんてお洒落になるんだろうと思いました。


おなかも満たした所でS材木店へ
午後3時ぐらいに着いて、S社長さんに事務所で木について色々なお話をしてもらいました。
とても温和な方で、この人にお願いしたら大丈夫そう!という人柄の方でした。


当たり前のようでも、木の堅さで感じる温度が違うこと、
堅い木は木の密度が高くてひんやり冷たい、柔らかい木は温かいというのを、実際に材木を触ってみて実感しました。木にも色々特長があるようですね。

うちの材料は基本的に杉です。
構造材には、無垢の杉が使用されます。国産のしかも私の出身地の杉です(予定)
なんとなくこだわり感が持てる提案です。
「うちは○○の杉を使っているんです。ウフ。」と来客者に自慢げに(笑)話すことになるのでしょう。
無垢の材木は産地や製材の仕方、節などで色々な表情が出てくるのでしょう。
楽しみです。
杉はまぁまぁ柔らかい木のようです。
当然キズは着きやすいのですが、冬でも素足でひんやりしないくらい温かいということでした。これも杉でいこうと思った理由のひとつです。
表情は男らしい感じ?でしょうか。

また、土台だけは檜かもしれません。檜は杉より密度が高くて、吸排湿性も高いので使用するようです。うちはベタ基礎で高気密住宅になるので床下は重要なんだと思います。
杉に対して、檜の表情は、やさしい女性らしさがあると思います。この辺は私の勝手な感じ方かも知れません。檜を土台へ。これは見えないところへの贅沢!?
見えない構造に割高の材料を入れるというのは家全体のことを考えれば「そりゃそーだ」と思いました。

材木 杉 スギ  檜 ヒノキ


S社長さんに良い提案もいただきました。
2階のウォークインクローゼットの壁は桐で行く予定でしたが、S社長のご好意でサワラでいけるかもしれないということでした。よく衣類の収納には桐、高級桐タンスと聞いたこともあるけれど、サワラの方が良いのかな。そういえば桐は柔らかそうで吸湿性がありそうだけど、柔らか過ぎでキズもつきやすいのかもしれませんね。香りもサワラは香りが良いのかもしれません?


ひとしきり、お話を伺って、妻がいつもの勢いで(笑)いろいろとアピールできたようでした。いよいよ、使うかもしれない材木を見せていただこうと、外へ出た時には日が暮れてしまっていました。梁や柱に使うだろう材木は屋外にあるため、暗がりで「コレ」と言われてもよく見ることができませんでした。ガーン。ざんねん。


でも屋内倉庫にはたくさんの材木があって、迷路のような倉庫を案内してもらいました。
その際、「この木はどこ産の○○。」とすぐに分かって、社長さんすごいなー。と思いました。リスペクトってやつですね。(でも毎日木に囲まれて当たり前なのかな?)

着いた時は、こじんまりした所だと思っいましたが、実はたくさんの材木がありました。
自分はパソコン仕事で電磁波に囲まれていますが、ここで働いている方はたいへんそうでしたが、木の香りに毎日包まれてある意味?幸せなのかなと思いました。


今回材木を目の当たりにして、木について調べてみました。
参考になったサイト。
木材図鑑
http://www.fuchu.or.jp/~kagu/mokuzai/
スポンサーサイト



この記事のURL | 物件見学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
現在の土地の状況
2007/09/08(Sat)
ミーティングの前に土地を見に行ってきました。

なんとあのきれいだった土地(←こちら以前の土地の状態)は今や雑草の格好の餌食。
草ボーボーってやつですね。
0908荒れた土地

これは秋ぐらいに草刈りですかね。

両隣の区画の進行状況が気になっていましたがなかなかはじまりませんね。
両方隣は住宅メーカーからの契約なのでけっこう早いと思っていましたが。
境界の壁の件もそろそろナニか動きがあるでしょうか。

変化と言えば、前面道路に工事した後がありました。
Gと書いてあります。
工事跡はすべての区画へ伸びていました。
0908前面道路に工事跡

Gということはガス?たしか以前にガスは敷かれていたはずなんですが。
道路は市道だし、うちはオール電化になる予定なのでガス関係はあまり気にしないで良いかな。

アッ
でも道路が少し凸凹になっちゃいましたよ。
これからまた水道関係でも掘ったりするんでしょう。
でこぼこですな。


この記事のURL | 物件見学 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
土地観測
2007/06/09(Sat)
下記のJ銀行へ行く前に、自分たちの土地に久しぶりに寄ってみました。
(ちょっと今の家から距離があり、おいそれとは行けないのです)

ここまで土地についてはあまり触れなかったのでここで少し。

回りは住宅と畑。
家庭菜園やぶどう畑があるのどかなところです。
最寄り駅までは徒歩でおよそ15分。
約30坪。
南間口(コレが決めてか!?)。

土地01

久々に見る土地は。
また良いと思えるものでした。
(なにより南間口。売り出された区画の中で一番優位な土地を契約でしたのだ。)
赤いラインが私たちが買う土地です。

これからこの辺りから、建築の進行を定点観測して行こうと思います。

土地観測02

境界です。
これがあると分かりやすいですね。

この土地(売り出し区画全体)は2筆で分かれている「畑」状態での売り出しでした。
その後、一度合筆して、区画通りに分筆しなおすという手順でした。
合筆の際に地目が畑から「雑種地」になりました。
よくあることらしいのですが、ちょっともめたりもしました。


ここはあとは決済まではまだ、契約であって、本当に自分たちのものでないなんて
早く決済したいですね。
この記事のURL | 物件見学 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
運命の巡り会い
2007/04/30(Mon)
2007年4月30日
ゴールデンウィーク前半の最終日。
休みだというのに珍しく朝早く起きた。
そしてさらに珍しく家のパソコンを起動して、たまったメールを受信した。
(普段パソコン仕事なので家ではあまり見ない…。パソコンを立ち上げない。。。)

数件土地情報が来ていた。
インターネット検索で資料請求したものがほとんどで、
いつもこれらは不動産業者のエサではないか?というものや
実際は資料には書いていない状況があったりするのだ。

それほど期待して見たわけではないのだが
一通り目を通してみると良さげなものが目にとまった。

今まであまり考えてはいなかった地域だが、 これまでの土地探し(2年近く)で培った知識と勘で
これは良いのではと思った。

思い立ったら吉日。
明日はまだGWの中日出勤だからと、さっそくお昼頃に現地へ見学に行ってみた。

現地には担当の方がいて、その人がメールをくれた営業マンだった。
「はじめましてS建設のGです。さっそく現地来ていただいて~。」
ということで担当のGさんとお話、説明をしてもらった。

やはり買いではないか?! という感触だった。
なにしろ、これまで考えていた土地価格を考えたらだいぶ安い。
そしてなんと間口南側で、接道は6mの公道だった。

あやしいくらいだ。
ずばり「ココのだめなところはなんですか?デメリットは?」とGさんに聞いてみた。

「ちょっと先にお墓があります。」

なぬ!と思ってしまった。
お墓は本来、ご先祖様を供養するための神聖な場所のはず。それがお化けなどの怖いイメージが先行してしまっているのだろう。
とはいえ、やはりできれば避けたい所、要確認だ。


また、S建設はラッキーなことに売主であった。 仲介手数料も無い。そして今回の情報は条件付きの土地だったものを、条件を外して直後の情報だったらしい。

これはっ これはっ  キター


だが、なにかがブレーキを踏ませる。(ちょっと待て!と)
それはこれまでの買えたかもという亡霊たち、経験によって肥えた土地知識たち。 まだまだ他にも~。という取捨選択を持とうとしない心。


しかし、良いとは思ったので「前向きに」ということを担当者に伝え、 未知の地域であったため、周辺環境を知るために、駅まで歩いてみたりした。


また、やはり決めるには、設計をお願いする伯父、両親に見てもらわないと。
伯父に電話したが繋がらない。 忙しい人だからなぁ。

やはり親にも。
つまの実家に電話。
びっくりした。 GWのこんな時に。
いた。みんないた。 設計士の伯父もそこにいた。

運が付いていたのだろうか。 関係者がGW中に一同が揃った。


みんなで現地を見学。
S建設担当Gさんも「すばやい行動力のあるファミリー様で」と驚いていた。
一通り説明を聞いたところ、みんなでイイんじゃないということになり、そのまま現地で土地購入の申し込みをし た。

ついにか!

あとは契約をしなければ。


その夜はファミリー総出でしゃぶしゃぶ。
祝いだ(笑
この記事のURL | 物件見学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千葉ニュータウン UR分譲地
2006/11/12(Sun)
千葉ニュータウンでUR再生機構による土地の分譲が行われる
その現地を訪れてみた。

土地的、立地的にも、そしてここ最近、千葉ニュータウンは商業施設が
充実してきたようだ。
この街ですべて揃ってしまうようだ。
条件的には○。


URの土地は相場からみても安い。


そして地域の開発の中心にもあるので、その立地も良い。
とうぜん購入は抽選になる。
昨年もURの分譲抽選に参加したが、次点候補にもならなかった。

今年はどうだろう。
というか土地的、ライフスタイル的にどうなのだろう。
自分達の将来をまた考えて抽選に申し込むか決めよう。



この記事のURL | 物件見学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千葉ニュータウン
2006/11/08(Wed)
UR都市再生機構が千葉ニュータウン
宅地の分譲をするようだ。

URの物件は相場からみてもやはり安いようだ

自分たちのライフスタイルに合うか検討してみよう。
この記事のURL | 物件見学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
再見学
2006/08/19(Sat)
先日の南流山の物件の詳細を聞くために不動産屋さんと現地集合した。
暑い中待っていてくれた。(チラシも入ったらしくテントを貼っていた)

一週間振りに見た、こおの物件はやはり良いというイメージだった。

ただ買うには、やはりなにか不安もある。
まだ知らない、よくないところ、条件があるのではないか?とか

そこで設計をお願いする伯父さまが来てくれた。
土地や建物に関してはプロだから色々詳しいだろう。
それは心強い。

しかし、なにかの決定はすべて自分達だ。
自分達でなにもかも決めていかなければ、後悔や責任など、後で思いたくないものが出てくるかもしれない。
伯父はアドバイザー的存在だろう。
自分達でもっと勉強もしなくては

詳細を聞こうと思ったが、土地のみなのでそれほど立ち話では新しい情報があるわけでもなく(?)、不動産屋さんの事務所での話になり。

買う。
という意思は夫婦で固まっていたので、申し込みというカタチをとった。
これはたいして効力のあるものではないだろうが買う意思を表示した。


もっと煮詰めて行くには、土地に関しても、住宅ローンに関してもやはりもっと勉強が必要だ。
悪い点や、聞かなければいけない点は聞けるように。


これで決まるようにがんばってみよう。


銀行廻りも必要か。






この記事のURL | 物件見学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白井大松と東松戸
2006/06/15(Thu)
週末に2件物件を見に行った。

一件は白井大松。
約50坪で1900万 北間口 徒歩9分
行ってみると、なかなかよい物件。
464号の大通りに近いけど、高さが違うのであまり気にならなかった。
でもよく周りを見ると隣の家が空き家で草ぼうぼうで、
お化け屋敷のようになってる。。。
周りの家も住んでいるのか分からないし、
あまり若い人が住んでいる気配がない。。
こういうのってどうなんだろう????と二人で頭を抱えてしまった。
土地の状況がよくても、周りに住んでいる人の環境も意外と気になってしまう。。。
贅沢を言えばキリがないけど、やっぱり気になる。。。

もう一件は北総線と武蔵野線が通っている東松戸。
徒歩9分 76坪 2170万とこれまたまあまあイイ条件。
始めてこの駅の周りをプラプラしてみた。
新しい道が多く、行き止まりも多いけど、今後開発される予感大。
しか~し、どうしても土地的に駅の方は低く、住宅街は高台になってしまう。
物件までの道のりは果てしなく登り道でしかも道が狭くライトもない。
さらに周りの家々が豪邸ばかり。この環境どうなんだろう???と思った。
プロパン、浄化槽というのも気になった。
ちょっと難しいかな。。。。


この記事のURL | 物件見学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
西白井、白井
2006/05/27(Sat)
ひさびさ白井の物件が出たので見に行ってきた。

西白井の大山口だ。
坪単価40万円で大山口にしたら少し安いかも。
古屋有りの状態で現在も住んでいるようだった。
これは更地渡しと書いてなかったようなので、解体費用がかかりそう。
ちょっと変形の細長い形だった。

おもしろい。

場所など採光ももしかしたら、おもしろいかもしれない。
そして坪数が希望より少ないが額面が減るからアリかと。。。

と思ったが、妻が、周辺の家並み、駅からの道のり、などなどが
お気に召さないようで「ありえなーい」と言われた。

その近くの2,580万円の、しばらく出ている物件も見た。
この状態では大山口はナイのではないだろうか。

1件目 大山口 撃沈

--------------------------------------------------------

次は白井
どちらかというと白井駅の方が希望なので出たかー
という勢いで見に行きました。行動力がウリの夫婦です。

白井の南山という地区。
ちょっと古い地区だが新しいのや大きいのもあって、この地区も有りか。
そこは60坪、希望より大きい坪数のため予算がオーバーしてしまう。

坪単価でいえば、希望の50坪なら十分なのに。オシイ。

間口は北間口でも南側をいくらか空けることができるだろう。
オイラ的にはここも有りか!と思ったが。

妻が言いました。

現在、南側にまだ家が建っていないので、そこに建ったら陰るんだよねぇ

とポツリ。

それが北間口だから。。。
それを言うたらもう南間口にするしかないじゃないか。
価格と間口で南山も 撃沈






いちばんの難関は妻か。
少し方向も変えてみるべきか。

そーいえば先日の大松の土地はだいぶ値下げをした。
アレは売れるかもしれないな。


しかし動かないおいらたち。
焦らないにしよう。
といいつつ、買えない人に近づいているようでコワイ。
あれば即買いなんだけどなー(笑)
なんて。

この記事のURL | 物件見学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つくばエクスプレス
2006/05/14(Sun)
昨日、物件廻りの後、そのまま妻の実家の柏へ。

祝)母の日セール(笑)
すき焼きをゴチソウになった。
すき焼きを102才のはるチャンもモグモグ食べていた。

日曜日の午後、柏の物件を見学に行った。

つくばエキスプレスもありなのではとうのは前々からは考えていた。
http://www.mir.co.jp/


ただ、通勤時間と乗り換えの問題。
そこをがまん&慣れでイケルか!
これからの開発に期待できるTX沿線はありか!

ということで
1件は、「柏の葉キャンパス」駅の徒歩5分ぐらい。
40坪ぐらい。採光も設計次第で採れるかな。
これはアタリの土地だと思った。

秋か暮れには、ららぽーと柏の葉がオープン。
通勤も可能か。
なぜこの物件は空いているのか。

通常の検索で出て来たので流通している物件だろう。
悩む。

もう1件は「流山おおたかの森」駅から徒歩圏で公開前
つくばエクスプレス流山おおたかの森

という情報で、もしや。
ここは2線使えるし、キテルと思うがすでに地価高騰気味。。。
不動産屋さんと一緒に見学。
徒歩5分というふれこみだったが、どうみても15分はかかる。

そして、、、だめでした。




なぜ不動産屋さんは、ありえないのを進めてくるのか。。。
条件無しが響くねぇ
理想が高くなっているのか。
希望をもっと絞らねば。
取捨選択。

つくばエクスプレスは有りか無しか。
もしや手遅れか。
こりゃまいった。


この記事のURL | 物件見学 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ